現在株価絶好調のサイゼリヤ!その 戦略って!

ニュース

現在株価絶好調のサイゼリヤ!その 戦略って!
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

現在株価絶好調のサイゼリヤ!その 戦略って!

イタリアン・レストランチェーン「サイゼリヤ」を展開するサイゼリヤの株価が堅調だ。2017年4月25、26両日の取引時間中の最高値3215円は、ともに今年の最高値でもあった。4月の段階で今年最高値というと、さほどのことではないようにも聞こえるが、過去10年を振り返っても最高値だ。

 サイゼリヤは4月12日に17年8月期の連結業績予想を上方修正し、独特の低価格戦略が多くの消費者に支持されていることを証明した。株式市場が「デフレ銘柄」サイゼリヤの成長力に期待していることが株価を押し上げている

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

中国出店数は300超だとか

サイゼリヤは4月12日の修正業績予想の発表で、2017年8月期の連結純利益を前期比36.2%増の75億円とした。従来予想は57億円で、18億円の上方修正だ。中国の税制改正でこれまでより税負担が軽くなる見通しが立ったという事情もある。サイゼリヤの中国出店数は300を超え、約1000の日本国内店舗数の3割に達する重要事業に成長しているから、業績への影響は大きい。ただ、当然ながら足元の日本での業績が快調なことも見通しの変更を促している。

 この上方修正の直前に発表された3月の既存店売上高は前年同期比4.5%増。サイゼリヤ決算の「上半期」にあたる2016年9月~17年2月の既存店売上高は前年同期比2.9%増で、「上半期」の6か月の月次統計で一度も前年割れはない。5月2日に発表された直近4月の既存店売上高も前年同期比3.6%増となり、引き続き好調を維持していることを裏付けた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

200円を下回るデザートへの消費者の反応がいい

4月12日に業績予想と同時に発表した2017年2月期連結中間決算は、売上高こそ前年同期比0.3%減の705億円だったが、営業利益は44.2%増の46億円、純利益は59.9%増の31億円と大幅な増益を記録した。

 サイゼリヤといえば、看板メニューの「ミラノ風ドリア(税込み299円)」のように、イタリアンレストランと言うには格安な税込み300~500円程度の商品が最大の売りだ。堀埜一成社長は4月12日、記者会見で「200円を下回るデザートへの消費者の反応がいい」と強調した。このデザートは1つの例だが、比較的安いメニューを客が複数注文して食事する傾向が高まり、客単価が上がっているのは事実だ。既存店の客単価は2017年2月までの半年間で、前年同期比1.2%増えた。前年同期がその前に比べて0.6%増だったことを見ても、客単価の面で勢いがついているのは間違いない。こうした勢いを見て、みずほ証券が目標株価を3300円から3600円に引き上げるような動きも出ており、市場の評価が高まっている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

サイゼリヤは、なぜ低価格を続けられるのか

「低価格帯の市場規模がもともと大きい」だけ

低価格「志向」が強まっているのではなくて、低価格帯の市場規模がもともと大きいということ。一方で高単価の外食市場は規模が小さいので、あっという間に飽和状態になる。そうすると価値を下げるか、我慢して自分の首を絞めるかのどっちかしかない。価値、品質を下げている会社はお客さんから見透かされる。


人気ナンバーワン・メニュー「ミラノ風ドリア」は税込み299円
少子高齢化といわれるけど、大切なのは市場規模をどう広げていくか。今は生産年齢人口、つまりいちばん消費する人たちの数が減っている。しかもその層はあまりおカネを持っていない。高齢者はおカネを持っているけど、将来が不安で使おうとしない。だからこそ若者にも高齢者にも高い頻度で来てもらえるメニューを出していけば、市場規模は広がる。そうやって寝ている市場を掘り起こせば、「デフレ」と言われる状態だって解消できる。

出典 http://toyokeizai.net

2014年の消費増税のときでもメニュー価格の大半を据え置き

コストを削ったり、(同じコストでも)商品の価値を上げたりする技術があるうちは値上げしない。そもそも価値=バリューというのはファンクション(F)、すなわち提供できるメリットと、コスト(C)で決まる。まずは分子のFを上げ、合わせて分母のCを下げることが大事だ。

そのために、われわれがまず取り組んだのは、「コストゾーン」といわれる部分の縮小。具体的にはキッチンの面積を半分にした。小型店舗は他社にもあるが、キッチンの占める面積は意外と大きい場合が多い。

4年前からキッチンの縮小に着手し、今はそのタイプの店が100店舗になった。それによって都心の狭小地など、今まで出せなかった地域にも出店できるようになった。無駄な裏方を小さくすることで、Fを上げ、Cを下げている。

出典 http://toyokeizai.net

今、データウェアハウスを稼働させてデータを全部そろえ、どんな情報でも引き出せるところまでたどり着いた

そして、まずいものを出さない

たとえば味をデータ化できる。この場合、「うまい」という味覚は人によって千差万別なので、「まずい」ものをきちんと定義する。味覚と脳波との関連を研究し、味を数値化するわけ。そうすれば、まずい食事の提供を避けることができる。これらは客には見えない変化だが重要だ。今後は、会長(創業者の正垣泰彦会長)の脳波を見てみようと考えている。会長はたいへん敏感なので「嫌」というときに、いったいどういう脳波になるのかを知りたい。われわれはいずれ死ぬので、脳波を遺していこうと思っている(笑)。

出典 http://toyokeizai.net

国内の既存店の改装にも注力しています。

客に見える変化もやっていこうと、改装を始めた。2016年8月期は国内店舗に20億円使う予定がまったく使えなかった。データウェアハウスを使い、どうやって着座率を上げるかなど実験しながらやっていたら、時間がかかってしまったからだ。その分、おそらく、他社に比べて面積あたりの着席数はものすごく高いはず。今期(2017年8月期)は改装を頑張ろうと思っている。

出典 http://toyokeizai.net

さらに、

メニューの工夫や、

新規事業の立ち上げといった、戦略も次々と立ち上げている。

安くて美味いメニュー。これをさらに追及していく。

企業努力って凄いものがありますね。

これから店舗数もどんどん広がっていくのでしょうか。

今後も注目していきたいですね。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ