bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

USJ 日本人形の展示で講義を食らう どうして!?

ニュース

USJ 日本人形の展示で講義を食らう どうして!?
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

USJ 日本人形の展示で講義を食らう どうして!?

ここ数日、この問題が、取り沙汰されているが、本当の所はどうなのだろう。

双方の意見を聞いてみたいですね。↓

神社に供養のためにおさめられた日本人形を借り受け、お化け屋敷をつくったユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、日本人形協会から猛抗議を受け、ネットでも炎上している。事の是非はさておき、USJはメディア対応や事前のリスク洗い出しなど、多くの点で失敗している。(ノンフィクションライター 窪田順生)

● 初動対応のマズさで USJがネットで炎上

 「リ・ボーン!  さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」のかけ声で15周年記念を盛り上げるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に、「やり過ぎ」の批判が寄せられている。

 18日、人形メーカーなど全国約400社が加盟する日本人形協会が、USJに対して抗議文を送付したと発表した。

 問題とされたのは、人形供養で知られる和歌山県の淡嶋神社から借り受けた、600体以上の日本人形を用いた迷路型お化け屋敷「祟(TATARI)~生き人形の呪い~」だ。USJのみならず、淡嶋神社も抗議文送付の対象となった。

 日本人形協会の「日本人形を呪いや祟りといった恐怖の対象として扱っており、メーカーや小売業者への営業妨害になる」という抗議文が大きく取り上げられ、「さすがに本物の人形はダメでしょ」「元の持ち主の許可を得ていないのはよくない」という批判が、USJや淡嶋神社に向けられる事態となったのだ。

 この話に対しては、みなさんもいろいろな意見があるだろうが、ここまで「批判色」が強くなってしまったひとつの要因には、USJの「初動対応」のマズさがある。

 抗議を報じたメディアの第一報では、USJ側のこのような対応が報じられた。

 《USJは「抗議文の指摘は法的な根拠に基づいたものではなく、アトラクションは予定通り続ける。ただ、貴重な意見として参考にしたい」とコメントしている》(時事通信10月18日)

 外資系企業にはこういう決まり文句が多いのだが、日本の広報コミュニケーションでは、「被害者」を名乗る人がいるリスク下では、法律論を持ち出すのはご法度とされる。俳優・高畑裕太氏が釈放された際、弁護士が「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」という声明を出して大騒ぎとなったように、いたずらに議論を活性化し、ネガ論調を長引かせるだけだからだ。

 実際にこのコメントによって、ネットでは「法的にセーフでも社会常識としてアウトだろ」などのツッコミはもちろん、「奉納したのだから所有権は放棄しているのでは」「貸し出しているだけだから問題ない」など喧々囂々と議論が活性化。結果として、「燃料」が投下されたような形になってしまったのだ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

なるほど、対応の仕方や、

表現などにも問題があったのですね。

結構、ぐちゃぐちゃになりそう。

● 写真週刊誌の取材は無視でも テレビには釈明した

 これだけにとどまらず、他にも脇の甘い点が多い。

 実はこの騒動のそもそもの発端は、9月16日に発売された「FRIDAY」(2016年9月30日号)の記事。50代女性から、結婚をして家を出た娘との思い出がつまった人形を淡嶋神社に奉納したが、それが無断でおばけ屋敷に使われている、という情報提供をもとにしたものだった。

 ここで当然、USJも取材を申し込まれたが、《「担当者が不在でお答えできません」とのこと。その後、締め切りまでに回答はなかった》(FRIDAYより)という。

 写真週刊誌なんか、まともに対応してもしょうがないということだったのかもしれない。その直後に同じ「50代女性」が出演した「羽鳥慎一モーニングショー」には、以下のようにしっかりとした釈明コメントをしている。

 「このアトラクションでは淡嶋神社に監修いただいて神社で提供されたお人形をお貸しいただいております。展示してより多くの方に見ていただくことはお人形にとってさらに供養になると考えております」

 実は今回の人形協会の抗議に対して、USJが繰り返し繰り返し、世に訴え続けなければいけなかったのは、これだったのだ。「祟(TATARI)~生き人形の呪い~」のホームページには、淡嶋神社の前田光穂宮司の以下のようなコメントが掲載されている。

 「人形は人に見てもらい、遊んでもらうために生まれてきており、多くの方々に遊んでもらうことは、人形たちにとっても良い供養になるのです」

 そんなの人形貸し出しを正当化するための苦しい言い訳でしょ、と斜に構えた見方をする方もいるかもしれないが、そんなことはない。前田宮司はそのような考えをかねてから「実践」されているのだ。

 たとえば、2000年からはNPO法人と協力して、およそ年間3000体のぬいぐるみを、《恵まれない外国の子供たちにプレゼントする新しい形の「供養」》(毎日新聞2003年3月10日)を始めた。これも「遊んでもらってこそ人形は幸せ」という信念によるものだ。

 また、今回のお化け屋敷監修にもつながる「肝試しイベント」も淡嶋神社で主催している。希望者は前田宮司に神社内を案内してもらうことができ、懐中電灯を手に宝物殿地下の保存庫に足を踏み入れ、とびきりの「恐怖体験」ができた。

 《「これが髪が伸びる人形ですよ」と、前田宮司がおもむろに光の輪を向けると、女の子の人形が浮かび上がった。可愛い顔なのだが、髪の一部だけ不自然に長い。背筋がゾクゾクした。「人形は放っておかれると、注目を集めようと髪を伸ばしたりするんです」。前田宮司の説明を聞くと、人形の顔が寂しそうにも見えてきた。》(毎日新聞2004年8月21日)

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

淡嶋神社の前田光穂宮司のコメントが一貫して、、

 「人形は人に見てもらい、遊んでもらうために生まれてきており、多くの方々に遊んでもらうことは、人形たちにとっても良い供養になるのです」

もとからそうであるのなら、

そうなんですね。

こうなってくると講義側も個人の主観の問題??

● 人形協会vs淡嶋神社の冷戦は 長い年月続いてきた

 人知れず朽ちていくより、お化け屋敷であろうが、多くの人に注目を集めることの方が供養になる――。淡嶋神社が「心霊スポット」などと呼ばれることをまったく意に介さず、所狭しに奉納された人形が並べられているのは、そのような宗教観に基づいているのだ。
 
 この神社におさめた人形が、参拝客だけではなく、心霊マニアなど多くの人々の好奇の目にさらされるのは周知の事実だ。また、ホームページなどで少し調べれば、淡嶋神社の「人形供養」の考え方もわかる。それに対して、「こちらが期待した供養じゃないから改めろ」というクレームがまかり通ったら、もはや宗教の意味がない。

 つまり、あのホラーアトラクションの正当性というのは、「法律」などではなく、淡嶋神社の「宗教観」にこそ紐づいているものなのだ。ならば、人形協会の抗議に対しても、これまでの淡嶋神社の供養スタンスを前面に押し出し、「供養観」の違いを説けば、一定の理解を得られたはずだ。少なくとも、FRIDAYへの取材拒否や、「法的根拠」をアピールするよりも、よほどいい。

 では、なぜそうしなかったのか。内部の事情はよくわからないが、外から見る限り、USJ側がこのアトラクションをおこなう上で、「リスク」を想定していなかったため、場当たり的な対応に終始してしまったのではないかと思っている。

 いや、まさか人形協会からクレームがくるなんて予想できないでしょ、という意見もあるかもしれないが、これは十分に想定できた。

 実は日本人形協会が淡嶋神社に抗議をしたのは今回が初めてではない。協会によると、アトラクション施設への抗議は初めてだが、過去には「日本人形の髪が伸びた」「目から涙が出た」などの人形の怪奇現象を紹介するテレビ番組に抗議をしており、その取材先のひとつが淡嶋神社ということで、抗議を続けてきたが、ずっと無視をされており、「なんと言いますか、人形に対する考え方がぜんぜん違う」(協会の担当者)と長い冷戦状態が続いているのだ。

 かねてからこのような抗議を受け続けてきた淡嶋神社と組み、人形を借り受ける時点で、今回のような抗議がUSJにも及ぶことは当然、想定できたはずだ。

 さらに言えば、「大阪」という地で、このようなアトラクションを催せば、反発を招く可能性が高いということもUSJは留意すべきだった。

 お気づきのように、「祟(TATARI)~生き人形の呪い~」に陳列されている人形の多くは「市松人形」だ。ビジュアルイメージも血の涙を流した市松人形のアップ。無数の市松人形が後ろに並んでいる。

 関西の方から「いちまさん」の愛称で親しまれ、かつては嫁入り道具にされていた市松人形は、大阪が発祥という説もあり、著名な人形職人も大阪に多くいらっしゃる。つまり、USJは、市松人形に対して特別な思い入れのある方たちの本拠地で、市松人形をホラーコンテンツにする、というかなり挑発的なことをやっているのだ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

もともと、

人形協会vs淡嶋神社っていう泥沼の戦いが続いていたんですね。

平たく言うと、それがここに来て、USJのお化け屋敷にて、、再発したのか。

● 新規事業の際には 「リスクの洗い出し」が必要不可欠

 「なにわの名工」にも選ばれた人形職人、三世・元賀章介氏(関西節句人形工業協同組合副理事)は1992年11月24日の「日経新聞」で、市松人形を「気味が悪い」という若い女性たちに、目がくらむほどのショックを受けたとして、「髪が伸びたり、涙を流す人形」というものを広める者たちへの憤りをあらわにしている。

 《「人形ののろいなど全く根拠のないこと。髪の毛が伸びるのは、古くなった人形の中に虫が入り込み、下地や中張りがズレたためにそう見える。涙を流しているというのは、気象条件で目玉のガラス球に水滴がついたせい。人形は決して怖いものではない」》(日本経済新聞1992年11月24日)

 このような市松人形職人たちにとって、人形は「人に注目を集める為に何らかの奇怪的な事を起こす」(淡嶋神社ホームページ)と説く淡嶋神社は、まさしく「天敵」ともいうべき存在なのだ。

 そういう神社から600体の人形を借りてくるわけだ。そこに、1970年代から続けられる「市松人形」をめぐる争い、人形供養論争に首を突っ込む、という自覚が果たしてあったのか。

 あったのなら、今回のような広報対応にはならないのではないか。USJでは、これまで「ジェイソン」など海外ホラーをベースにしたホラーアトラクションはあったが、ジャパニーズホラーは今回が初だという。

 いわば新規事業で、リスクの洗い出しが甘かった可能性はないか。

 これまでにない新規事業や世の反発を招きそうな事業をおこなう際、自社やパートナーを取り巻く状況から、あらゆるリスクを想定し、それぞれの対応をつくっておくのが一般的だ。筆者も、金融機関や、事業会社のリスクを洗い出して、リスクシナリオをつくった経験がある。
 
 その際に必要なのは、「このビジネスをおこなうことで傷つけられるのは誰だ」という視点だ。

 USJのホラーコンテンツの統合プロデューサーは、非常にこだわって恐怖を演出することで知られており、《じわじわ忍び寄る恐怖を理解してもらうため、アメリカ人の演出家たちを連れて日本中のお化け屋敷を回った》(AERA 2016年10月10日)というほど勉強熱心な方らしい。

 次回からは「どうすれば怖がってもらえるのか」だけでなく、「誰を傷つけるのか」という点にも着目をして、今回以上の怖いアトラクションをつくっていただきたい。

窪田順生

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

双方の言い分は分かるのですが、

どちらの視点で見るかによって、かなり意見も違ってくる。

双方がお互いに尊重できる時代は来るのか。

傷つかない時代は来るのか。

そして、今後あたらなビジネスにおいても、生まれうる問題かもしれません。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ